【monozon】モノゾンはせどり最強の拡張機能

monozon

モノゾンというせどらー御用達の拡張アプリはご存知でしょうか。

 

今では使っていない人はいないというくらいのモノゾンですが、
まだ使っていない方は今すぐダウンロードしてください。

もちろん無料です。追加料金もありません。

http://www.tenbai-tosyokan.jp/search/detail/?book_id=2537&issuer_id=23

 

リンク先の説明文にもある通り「今までの苦労はなんだったのか、、、」
というほど優秀なアプリになっています。

 

モノゾンとは?

 

モノゾンとはモノレートの拡張機能アプリになります。

モノレートがせどらーに欠かせないのは間違いないですが、
そのモノレートをさらにパワーアップさせるのが「モノゾン」です。

 

 

どういった機能かというと、こちらを見てください。↓

モノゾン

モノゾン

 

右上に過去に売れた数が数値化されている表が出現していますが、
これがモノゾンの機能です。

 

一見地味な機能に見えますが、モノゾンが登場する前までは
モノレートでグラフの波の動きを見て売れている個数を判断するしかありませんでした。

 

 

波の動きを数えて売れてる個数を正確に判断するなんて無理ですよね。笑

モノレート

モノレート

今までなんとなくしか判断できていなかった商品の売れ方を数値化してくれるのがモノゾンです。

 

モノレートとモノゾンでできないこと

 

そんな絶対に使うべきモノゾンですが、弱点もあります。

 

「アマゾンで複数個売れても1回に判断」されてしまいます。

 

例えば食品だとお客様が同じ商品をまとめて複数個買うことも多いです。

アマゾンのシステムの都合上、モノレートの波とモノゾンは1回売れたと判断します。

 

 

ですので1という数字は「個」ではなく「回」だということ覚えておいてください。

1回の注文で100個まとめ買いがあってもモノレートとモノゾンでは1回と認識します。

食品やヘルビは気持ち多めに

 

ですので特にまとめ買いがされやすいジャンルだと、
表示されている実数よりも多く売れているということになります。

 

 

数字を目安に仕入れ個数を判断している方も多いと思いますが、
まとめ買いされやすい商品は自分で実際に売ってみて感覚を掴むという形になってきます。

 

 

ぼくも一気にふりかけが10個売れたりなんてこともありますし、
「じゃあ次はもっとたくさん仕入れよう」なんていう実体験からの換算が一番大事です

 

さいごに モノゾンはいたってシンプル

 

紹介した通りモノゾンはいたってシンプルですが、破壊力が大きいアプリです。

 

開発者のふじもんさんとは友達で、飲みにいったりもしますが、
日本で確実に一番せどらーのためになるツール・アプリを作成できる方です。

 

 

ふじもんさん自身のせどり経験から使いにくい機能や無駄な機能を排し、
せどらーが使いやすいようにと開発されたツールがいくつもあります。

 

 

そんなふじもんさんのツール、今後も楽しみにしていきましょう^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です