Amazonで複数アカウントを作ってもアカウント停止・閉鎖されない方法とは?

Amazon アカウント停止 閉鎖

Amazonせどりをしているとよく

 

「複数アカウントを作っていたらアカウント停止・閉鎖されていた」

「家族アカウントを使っていたらアカウント停止・閉鎖されていた」

 

など、気軽に複数アカウントを作っていたらアカウント停止・閉鎖された。

といったようなせどりをする上で死活問題になることがあります。

 

最近ではアカウント停止・閉鎖に備えて

あらかじめ複数アカウントを所持しておきたいという声も多く聞こえます。

 

ここを見ているなんらかの理由で、「複数アカウントを所持したい」

「アカウント停止・閉鎖になったのでもう一回作りたい」

 

という人のために

 

アカウント停止・閉鎖されないための複数アカウント運用法
アカウント停止・閉鎖されたあとの復活方法

 

について書いていきたいと思います。

 

LINE@登録で3大プレゼント(。・ω・。)

買い物ついででも利益が出せる。
【せどりノウハウの真髄「店舗せどり編」】

ライバルと差を離す。
【せどりノウハウの真髄「電脳せどり編」】

せどり歴10年以上の経験からの情報。
【今すぐ使える「利益商品100」】

せどり LINE@ 転売

友だち追加

アマゾンの規約を知る

 

アマゾン規約にはハッキリとこう書かれています。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_ac?ie=UTF8&nodeId=4115

 

アマゾン複数アカウント

アマゾン複数アカウント

 

と、しっかり出品用アカウントは一つしか運用してはいけないことが明確に記されています。

複数アカウントの疑問

 

アマゾン出品用アカウントを複数持っていることがアマゾンにバレると

関連のアカウントが全て閉鎖になります。

 

ここで疑問も浮かんでくるのではないでしょうか。

 

・家族名義のアカウントはどうなのか?

・住所を変えると複数アカウントとみなされないのか?

・アカウント停止・閉鎖になった時にアカウントを作り直せるのか?

・外注に自分のアカウントを渡してもいいのか?

etc,,,

 

これらの情報を正しく知ることによってリスクを最小限に抑えた

複数アカウント運用、またはアカウント削除からの再取得が可能になってきます。

絶対にということはない

 

アマゾンを使ってせどりをしている人ならわかると思いますが、

アマゾンに「絶対」はありません。

 

アマゾン規約も常に変更されていくので、

「必ずアカウントが守られるという手法は存在しない」

と認識しておくことは大事です。

 

ですのでリスクをできるだけ最小限にする、という方向性で今回はお伝えしていきます。

複数アカウントの持ち方・運用法

 

複数アカウントの運用方法、注意ポイントを書いていきます。

 

これらを最低限実行することで、複数アカウントの継続的運用、

アカウント停止・閉鎖の際の再取得もやりやすくなります。

①クレジットカードを分ける

 

複数アカウントの紐付けがされないように最低限やっておきたいことは

登録クレジットカードは絶対に分ける

ということです。

 

アマゾン複数アカウント

アマゾン複数アカウント

 

クレジットカード情報は、特にひも付きやすい情報ですので、

アマゾン複数アカウントの作成の際には最も注意してください。

 

クレジットカードの名義については日本には同姓同名が存在するため、

名前だけで同一名義と判断されることはないですが、

 

請求先の住所が同じだと同じ名義と判断されてしまう恐れがあるので、

実家の住所でクレジットカードを作成するなど

クレジットカードの請求先住所も違うカードを作った方が無難です。

②銀行口座を分ける

 

先ほどのクレジットカードと同じく、複数アカウント運用時には別の銀行口座を用意しましょう。

 

名義に関してはクレジットカードと同じように、同姓同名の可能性があることから

名義だけで判断されることはありません。

③登録情報を変える

 

基本的な登録住所も分けておいた方が無難なことには間違いありません。

 

 

必ずしも同一の住所だったらダメか、ということはないですが、

1個のアカウントが停止・閉鎖にあった時にはひもづけされる可能性が非常に高くなってきます。

 

電話番号でしたら050の番号が作れるサービスもありますし、

SMARTalkm050無料通話アプリ

 

住所でしたら、レンタルオフィス、バーチャルオフィスを使っている人なんかもいます。

バーチャルオフィス

 

冒頭でも述べた通り必ずしも安全とは言えませんが、リスク回避のためにやっておきたいことの一つです。

④パソコンを変える

 

パソコンについても分けた方が良いと言われていますが、

問題がない限り神経質にあまり気にしなくてもいいポイントです。

 

なんらかの理由でアカウントに問題があると判断され、調査された場合は

同一PCでの複数アカウントが運用されていると認識されれば関連付けされます。

⑤IPを分ける

 

 IPという言葉に馴染みがない人も多いと思いますが、

簡単にいうと勝手に割り当てられたインターネット内の住所と言えます。

 

 

先ほどと同じく、あまり気にしなくていいポイントですが

なんらかの理由でアカウントに問題があると判断され、調査された場合は

IPの紐付けでアカウント停止・閉鎖のリスクがあります。

 

 

アカウント閉鎖後の再取得にはプロバイダを変更するなど

できるだけ情報が紐つかないよう処置をするのも有効です。

複数アカウントを作る際に便利なのはコレ

 

ということでアマゾンでの複数アカウント運用、停止・削除からの再取得の際には

アカウント運用者と「別人」になりきることが重要になります。

 

先ほどのように、登録情報からパソコンまですべて一新するのは

なかなか辛いものがあります。

 

そこで便利なのが仮想デスクトップ

 

有名なところでいうと「お名前.com」が運営している

デスクトップクラウドサービスがオススメです。

 

簡単にいうとインターネットで接続されるすべての情報が「別人」になるので

複数アカウントで関連付けされるリスクが無くなります。

 

PC情報、IP情報も別のものになるので

特別に何か用意しないといけないということもありません。

 

アカウントの作成に困っている人に一番オススメのサービスが

デスクトップクラウドになりますになるので使ってみることをオススメします。

最後に

 

まずは正攻法でやるのも大事ですが、複数アカウントを使うことにより

リスク管理や売上アップにつながることも複数アカウントの強みになります。

 

 

昨今のアマゾンの規約変更で圧倒的にライバルが減っていますので、

アカウント停止にビビって何も行動を起こさないのではなく

自分で情報をしっかり調べて、リスクを最小限に抑えるという認識のもとで

クリーンなせどりを行なっていきましょう。

 

うぉーりーとしては複数アカウント作成はオススメしますが、必ず大丈夫ということはありませんので

いろんな記事を参考しながらアレンジしてみてください

 

 

僕の情報はメルマガ、LINE@で毎日情報を提供しています。

こちらLINE@ではリアルタイムで稼げる情報を載せていますので登録してみてください^^

せどり LINE@

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です