再:カタログ作成の巻

カタログ作成

カタログ作成の可能性!!

 

カタログ作成

カタログ作成

 

以前からもカタログ作成についてお話ししていましたが、

さらにカタログ作成の可能性を追求して

日夜取り組んでいます。

 

 

電脳せどりでこの手法がより確立できたら、

めちゃくちゃおいしい手法になります。

 

 

カタログ作成とは?

 

以前も語りましたがカタログ作成とは、アマゾンに商品登録されていない商品を

自分でアマゾンのカタログページに登録してしまおうということです。

 

 

意外にもアマゾンに登録されている商品は大口出品者なら

誰でも新しく作ることができるんです。

 

 

先ほど電脳せどりでこの手法を〜と言いましたが

家にいるだけで自分だけの利益を得れるようになれば、

ワクワクしますね。

 

カタログ作成はアマゾンが、、、

 

ただ、ここでアマゾンでカタログ作成する際に意識しておきたいことの一つとして、

 

アマゾンは出品者にカタログをできるだけ作ってほしくはないということです。

 

 

 

当たり前ですが、アマゾンにいろんな人が作った商品カタログページがあふれていたら、、、

考えるだけであんまりよろしくないですよね。

 

ひっそりと良質なカタログ作成

 

統計がないのでわかりませんが、多くのせどらーは

カタログ作成をすることはほとんどないと思います。

 

 

規約改定が次々起こる昨今のアマゾンで、

カタログ作成をする人が増えれば、またカタログ作成について規約改定が起こってしまう可能性があります。

 

 

そうならないためにも、アマゾンに迷惑をかけないように

(なんの情報もないカタログや、悪質なカタログを作らず)

カタログ作成者は、良質なカタログを作らなくてはいけません。

 

こんなに新規カタログは作られる

 

食品せどり

食品せどり

食品せどり

食品せどり

食品せどり

食品せどり

 

どなたも一度は見たことのある商品ばかりだと思います。

 

 

 

これは食品せどりの参考例ですが、

同じ商品でも何個セットや場合によっては全く同じ内容のカタログが

量産されています。

 

 

 

食品せどりだと特にセット販売はかなり魅力ですが、

もちろん単純にセットを作れば売れるというわけでもありません。

 

その商品に需要はあるか

 

当たり前ですが、その商品に需要があるかどうかを

見極めないといけません。

 

 

 

ただいくら需要がある商品でもカタログを作って稼げる、

というほど甘くはないですし、気軽にカタログを作り続けていれば

もしかしたらアマゾンアカウント停止!なんてこともあるかもしれません。

 

カタログ作成時にちょっとだけ気をつけよう!

 

いざカタログを作成するときにはちょっと考えて見ましょう。

 

アマゾンはどういう商品カタログを作ってもらうと嬉しいか?

 

 

さすがに画像なし、商品説明なし、キーワードなし、、、

そんなカタログが大量作成されるのはよろしくないですよね。

 

結局は考察と実験

 

電脳せどり 新規カタログ

電脳せどり 新規カタログ

 

そんなところを少し考えつつ、カタログ作成をしてみましょう。

 

・アマゾンが喜ぶようなカタログ作成

・購入者に買われるカタログ作成

 

 

アマゾンセラーアカウントからこうしてカタログ作成

 

電脳せどり 新規カタログ

電脳せどり 新規カタログ

 

アマゾンセラーアカウントにログイン後、

商品登録から商品を新規に登録する

からカタログを作成することができます。

 

 

ジャンル決め

 

電脳せどり

電脳せどり 新規カタログ

 

ここから適用されるであろうジャンルを決めます。

 

今は適当にヘルビを選んで見ましたが、

案外色々なジャンルが存在しているので選ぶのが大変です。

 

見つからない場合はなるべく近いジャンルにして見ましょう。

 

(ヘルビ(ドラッグストア)とビューティー(コスメ)は割と混在しやすいので、

どちらかで試してください。)

 

 

カタログ作成

 

電脳せどり 新規カタログ

電脳せどり 新規カタログ

 

右に詳細表示ボタンがあるのでそちらをオンにして

情報を入力していきます。

 

危険マークがついている欄は空白にはできませんが、

特に指定がない部分は空白でも大丈夫です。

 

 

説明・キーワードも大事

 

電脳せどり

電脳せどり 新規カタログ

 

画像や説明、キーワードも非常に大事です。

 

ブログではSEOなどと言われる検索システムについて聞いたことはあるかもしれませんが、

アマゾン内でも検索されやすいキーワードをどんどんいれてあげることが

必須となります。

 

 

誰にもそのカタログが見つからなければ売れないですからね。

 

ジャンルによっても違う

 

電脳せどり

要期限管理商品

 

最初に選んだジャンルによっても入力項目は違います。

 

寸法、重量あたりはその商品のホームページなどを見て、

ある程度一致した情報を入れたいですがわからない場合は

おおよそで構いません。

 

 

めちゃくちゃな数字は入れないようにしたいです。

 

食品で作る場合は要期限管理商品のチェックマークが

下のわかりにくいところについているので見落とさないようにしましょう。

 

 

ジャンル選びを間違えた場合は最初に戻って丁寧に進めましょう。

 

 

カタログ作成は深すぎる!

 

いいカタログを作ればそれだけで何万円、何十万円の利益を得ることもできる

カタログ作成。

 

 

 

画像一つ、キーワード一つによっても違いますし、

とあるアマゾンのシステムを使うだけでも莫大な売れ方をすることがあります。

 

 

 

まだまだせどり業界でもブラックボックスに隠されているカタログ作成ですが、

僕も今後も追求していきます。

 

 

 

今も電脳せどりでの仕入れから、新規カタログ作成、納品まで済ませたので

売れ行きが楽しみです。

 

 

 

 

カタログ作成は善か悪か?

 

細かいカタログ作成についてはブログでは語りきれませんし、

アマゾンに背いているわけでは決してないですが、

あまり広めてはいけない情報だとも思っています。

 

 

 

 

こちらに特別に会員制の専門情報とチーム作っていますので

興味ある方はチェックしてみてください。

独占・安定せどり

 

最後に

 

競争には飽きた!

なんて人は独占できるカタログ作成はおすすめできますし、

先ほどのリンクのように950万円のリフォーム資金を捻出することも可能な手法です。

 

 

ワクワクしてきませんかー!

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です