Amazonでライバル出品者と差別化を図る方法

せどりを行っている方はAmazonで出品している方が多いと思います。

ただ、Amazonで自分の商品を買ってもらうためには、ライバル店との差別化を図る必要があります。

 

なので今回はAmazonでライバルに差をつける方法について説明していきます。

店舗名を工夫する

 

まずは店舗の名前に工夫が必要です。

変な名前では購入者から不信感を抱かれるかもしれません。

なるべく購入者が安心して購入できる名前にしていきましょう。

様々なジャンルに対応している名前

 

例えば「○○電気店」に化粧品が売っていたり、

「○○ペット」に家電が売っているとどうしても違和感を感じてしまいますね。

 

このように店名と全く違う商品が売られていると購入者に不安を与えてしまいます。

 

もし、専門店としてやっていくなら、いいですが、

そうでない場合はどんなジャンルの商品にも対応できる名前を選んでいきましょう。

店舗名からもメリットや特徴を伝える

 

実店舗では店頭に○○保証・即日仕上げ・○○割引などといったのぼりを出して、

店の外からでも自分の店舗で買い物をするメリットが購入者にわかるようにしています。

 

これはAmazon店舗でも有効です。

店舗名の前にメリットを付け加えることで、

購入者に自分の店舗の特徴やメリットを伝えることができます。

 

店舗名にこうしたメリットを書き込むことでライバル店と差別化が図れます。

 

また店舗ネームはいつでも変更可能なので、

サービス内容が変更するたびにその都度書き換えていきましょう。

商品のコンデション説明欄

 

Amazonはネットショップなので商品について聞きたいことがあっても、

実店舗のようにすぐ店員に聞くことはできません

 

なので購入者は商品の説明欄から商品情報を得ることとなります。

しかしこの商品説明欄が空白な商品も多く見かけます。

 

同じ商品だった場合、商品説明欄がしっかり書き込まれている商品と商品説明欄が空白なものであれば、

説明欄が書き込まれているものの方が安心できるので、選ばれる可能性は断然高くなります。

 

商品説明欄では購入者の疑問に出来るだけ答えていかなくてはいけません。

その上で重要になってくる4つの点について説明していきます。

商品の状態・在庫の有無

 

商品の状態が新品なのか中古なのか、そして中古であればどの程度なのか、

付属品がどれぐらい揃っているかなどもしっかりと記載しておきましょう。

自分の商品はよく見せたいので、悪い面は隠したくなってしまうと思いますが、

傷や不具合なども正直に記載しておくことで、クレームや返品を減らすことができます。

 

在庫の状況も購入者に不安を与えないためにしっかりと記載しておきましょう。

返品・返金について

 

Amazonは「お客様に対し世界一優しい会社」を目指している会社です。

なので購入者都合の理不尽な返品や返金にもある程度対応します。

 

どうせ返品・返金が避けられないのであれば、

返品・返金承ります」としっかり記載しておくことで購入者に安心感を与えられます。

配送方法

 

発送日や送料の有無、梱包についてなどはしっかり記載しておきましょう。

送料や発送日は他の部分でも表記されますが、

商品説明欄にも記載しておくと購入者も安心に感じます。

お問い合わせ先

 

商品購入から商品の到着までの間に、何かトラブルが起こった時には、

出品者情報に載っている電話番号に直接電話がかかってくることがあります。

 

直接電話がかかってくるのを防ぐために、

Amazonカスタマーサービスへ誘導しておきましょう。

 

ご不明な点や発送日の確認、返品などに関してはAmazonカスタマーサービスが対応いたします

と記載しておけば直接電話がかかってくる可能性は下がります。

 

Amazonカスタマーサービス

フリーダイヤル:0120-999-373

 

有料電話番号:011-330-3000

 

24時間対応

まとめ

 

Amazonにおいて店名と商品説明欄は看板のようなものです。

 

良い面も悪い面も正直に詳しく記載して購入者に安心感を与え、ライバルに差を付けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です