【FBA発送の注意点】大型商品のメリットと見分け方

仕入れた商品をAmazonのFBAに納品する際に、一遍に送ろうと思っていたら、

大型サイズの商品が混ざっていて納品先が2か所になっているなんてことがありますよね。

 

一回で送りたかったのに分けて送ることで送料も高くなるし嫌だなと思うことも多いと思います。

今回はそんな大型商品について説明していこうと思います。

【FBA発送の注意点】大型商品とは

 

AmazonFBAに納品するときに標準サイズの商品と大型サイズの商品は一緒に送ることはできません。

納品する商品をamazon seller centralで登録するときにAmazon側で標準サイズなのか大型サイズなのかを判定されます。

そして標準サイズの商品と大型サイズの商品は別々の場所に納品するように指示されます。

 

ではどこまでが標準サイズでどこからが大型サイズなのでしょうか。

Amazonでは次のように定義されています。

標準サイズ

商品1点の三辺が45×35×20cmより小さい、重量が9kg未満

大型サイズ

商品1点の三辺が45×35×20cm以上、商品1点の三辺の合計が170cm未満、重量が40kg未満9kg以上

ここで気を付けなくてはいけないのが3辺のうち1辺でも規定を上回っていると、

大型商品に分類されてしまうことです。

 

例えば商品1点の三辺が40×30×20cmであった場合は大型商品とみなされます。

また3辺の長さは規定内であっても重さが9㎏以上になると大型商品となってしまいます。

 

大型商品と標準商品では納品場所が違うので、

標準商品に混じった大型商品をいちいち送っていては送料が余計にかかってしまいます。

なので大型商品は計画的に仕入れて大型商品が貯まったら納品するというのがいいでしょう。

 

大型商品の納品時の段ボールの大きさについても次のような規定があります。

三辺合計216cmまで(1辺の規定なし)、重量が40kg未満

なので規定内の段ボールがいっぱいになった頃合いを見計らって、

大型商品を納品していきましょう。

【FBA発送の注意点】大型商品を見分ける方法

 

大型商品は標準商品と納品場所が違うので、計画的に納品していかなくてはいけません。

しかし仕入れるときにいちいちメジャーを持って行って測るのは面倒です。

というかいろんな商品をメジャーで測っていたらお店の人から変な目で見られます。

 

ですが、そんなことをしなくてもAmazonセラーアプリを使えば簡単に大型商品を見分けることができるので紹介していきます。

 

Amazon手数料の中の出荷作業手数料が500円を超えていれば大型商品で、500円以下なら標準商品です。

このことから大型商品を見分けていきます。

 

では次の手順でAmazonセラーアプリで大型商品かどうかを見分けていきましょう。

 

①Amazonセラーアプリの商品登録にASINコードかJANコードを入力

 

②商品が表示されたら商品名の右にある『 〉』をタップ

 

③利益計算の式の右にある『 〉』をタップ

 

④Amazonから出荷になっていることを確認してから、手数料をタップ

 

⑤出荷作業手数料が500円を超えていれば大型商品

 

この方法を使えば簡単に大型商品を見分けることができます。

 

Google PlayでAmazon Sellerをインストール

App StoreでAmazon Sellerをインストール

【FBA発送の注意点】大型商品を納品するときの梱包

 

Amazon規定の50×60×50サイズの段ボールに入る大きさの商品なら問題ないのですが、

50×60×50サイズを超えた大きさの商品はメーカ専用輸送箱で送ることになります。

 

要するに家電などを仕入れると箱に入った状態で届きますが、

これをそのまま納品していいということです。

 

しかしこれはそのまま購入者の方へ届くということになります。

納品の際にはamazonの配送ラベルと宅配会社の送り状を貼らなくてはいけません。

これは納品されたときにAmazonのスタッフが剥がしてくれますが、

剥がした跡がついてしまうのであまり見栄えが良くありません。

 

ですのでそうならないようにメーカ専用輸送箱で納品する場合は、

半透明の袋やプチプチ、シュリンクラップに包んで、その上から、

amazonの送り状と宅配業者の送り状を貼り付けるようにしましょう。

 

これで見栄えが悪くなることはありません。

 

おもちゃなどでは外箱も大事に取っておきたい場合があるので、

プチプチで包んで納品するのがいいでしょう。

【FBA発送の注意点】大型商品を仕入れるメリット

 

大型商品は手数料が高く送料もかかるので、あまりやりたくない人が多いです。

しかしこのことが大型商品を取り扱うメリットになります。

 

誰もやりたがらないということは、つまりライバルセラーが少ないのです。

なのでカートが取得しやすいし、取得時間が長いです。

 

そしてライバルセラーが少ないから価格競争も起こりにくいというメリットもあります。

まとめ

 

大型商品を仕入れるメリットはありますが、送料はできるだけおさえたいところです。

そのためにも大型商品は計画的に仕入れて一遍に納品しましょう。

大型商品の見分け方にはAmazonセラーアプリを利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です