Amazon(アマゾン)で出品許可申請が必要なケースと申請方法。

amazon, せどり, 出品申請, 出品規制, 転売

 Amazonで意外に厄介なのが出品規制。

利益商品なのに出品ができない商品があることに気づきます。

 

仕入れたのに売れないという無駄を省くためにも
出品規制について学んでおきましょう。

 

うぉーりー公式LINE@登録で3大プレゼント(。・ω・。)

買い物ついででも利益が出せる。
【せどりノウハウの真髄「店舗せどり編」】

ライバルと差を離す。
【せどりノウハウの真髄「電脳せどり編」】

せどり歴10年以上の経験からの情報。
【今すぐ使える「利益商品100」】

せどり LINE@ 転売

友だち追加

Amazonで出品申請が必要な商品と対策

 

出品申請が必要になるのは、アマゾンの信頼性を維持するためです。

購入者が、安心して購入できるように出品をする出店者に対して、規制をかけていると言えます。

 

どのような商品が出品規制がかかっているかはアカウントによっても違います。

古いアカウントと新規で作ったアカウントでは出品できるメーカー、ブランドが違い、
古いアカウントの方が出品できる商品の種類が多いです。

 

申請が必要になるケースが顕著なのはブランドが付いているものが多くをしめます。

本物か偽物かどうかがはっきりとわかる状態でないと許可がおりないようになっています。

 

また、出品申請が必要な商品を取り扱う場合には大口出品プランに変更することが必要になります。

出品規制が必要な商品か知る方法

 

Amazonセラーのアプリ、もしくはセラーセントラルから確認が可能になります。

 

アマゾンセラーアプリ

 

Amazon公式のセラーアプリで商品を読み込んだ際に、出品できない商品はこのように表示され
一目で出品規制商品がわかるようになっています。

 

PC上で出品する際も、新品のコンディションで出品できない商品があるので
仕入れる前に必ず確認するようにしましょう。

出品申請はどんなカテゴリが対象?

 

Amazonで販売する際に出品申請が必要なジャンルは以下のジャンルが多いです。

・家電、電子機器類

 

・アパレル

 

・ホビー・おもちゃ、ゲーム

以上のジャンルで出品規制が多いです。

 

具体的にどんなメーカーに出品申請があるか見てみましょう。

出品規制対象のメーカー・ブランドは?

 

Amazon出品で気をつけるメーカー一覧。

  • APPLE(アップル)
  • BenQ Japan(ベンキュージャパン)
  • BOSE(ボーズ)
  • BROTHER(ブラザー)
  • CANON(キャノン)
  • CAPTAIN STAGキャプテンスタッグ)
  • CASIOカシオ)
  • DJI(ディー・ジェイ・アイ)
  • EPSON(エプソン)
  • ELECOM(エレコム)
  • Ergobabyエルゴベビー)
  • FUJIFILM富士フイルム)
  • GOPRO(ゴープロ)
  • Hoppettaホッペッタ)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • NIKONニコン)
  • LEGOレゴ)
  • OLYMPUSオリンパス)
  • PANASONICパナソニック)
  • PENTAX(ペンタックス)
  • RICOHリコー)
  • SIGMAシグマ)
  • SONY(ソニー)
  • TAMRONタムロン)
  • ショップジャパン
  • コールマン
  • 象印
  • サーモス

 

アパレルメーカー一覧

  • A BATHING APE
  •  Abercrombie & Fitch
  • adidas
  • BOTTEGA VENETA
  • BURBERRY
  • CALVIN KLEIN
  • CANADA GOOSE
  • CHAN LUU
  • Chloe Christian
  • Louboutin
  • COACH
  • Daniel Wellington
  • Dior
  • Dunhill
  • Ed Hardy
  • emu
  • FENDI
  • FJALL RAVEN
  • Giorgio Armani
  • GOYARD
  • GUCCI
  • GUESSS
  • HUNTER
  • IL BISONTE
  • LeSportsac
  • LONGCHAMP
  • LOUIS VUITTON
  • MARC BY MARC JACOBS
  • Mila schon
  • MINNETONKA
  • MONCLER
  • NEW BALANCE
  • NIKE
  • Orobianco
  • PANERAI
  • Paul Smith
  • Polo
  • Ralph Lauren
  • RAY-BAN
  • Salvatore Ferragamo
  • TATRAS
  • TIFFANY
  • TOD’S
  • TOMS SHOES
  • TORY BURCH
  • Vivienne Westwood
  • VANS

申請が必要な場合の手順は?

 

まずは、出品許可申請が必要になります。

 

①出品の際に、出品許可の商品があった場合に「出品許可申請」を選択。

②出品申請をする / もしくはワンクリックで許可

 

ブランドの申請画面が出てきましたら必要な書類を提出しましょう。

 

必要書類

・メーカーまたは卸業者からの請求書1通

 

・出品の許可が必要なブランドからの書類1通

請求書が用意できる方は条件通りの請求書を提出する流れになりますが、
用意できない方もいると思います。

そんな方は許可がおりやすい卸の方を紹介しますので興味がある方は、
うぉーりーのLINE@から「出品申請許可希望」とお問い合わせください。(有料サービス)

CD出品規制も解除!?

 

通らないと言われているCDの出品規制もサポートさせていただいているので
興味がある方いましたら連絡ください。

Amazonの規約上出品できない商品はこちら

 

法律に抵触したりなど元からAmazonで出品できない商品はこちらからご覧ください 

出品許可申請のまとめ

 

せっかく利益が出る商品なのに出品規制で出品ができないのはもったいないです。

ですので諦めず出品許可申請をしましょう。

 

もちろん出品許可が必要な商品はライバルも少なくなるので、
そういった意味でもオススメの商品になります。

 

中古で出品をしている場合には関係がない出品申請許可ですので、
中古を中心に扱う方はこの記事はスルーしてもらって構いません。

 

上記でお伝えした通り、うぉーりーの方でも出品許可申請が通るように紹介もさせていただきていますので
興味ある方はLINE@からお問い合わせください。

 

 

うぉーりー公式LINE@登録で3大プレゼント(。・ω・。)

買い物ついででも利益が出せる。
【せどりノウハウの真髄「店舗せどり編」】

ライバルと差を離す。
【せどりノウハウの真髄「電脳せどり編」】

せどり歴10年以上の経験からの情報。
【今すぐ使える「利益商品100」】

直接連絡もこちらから!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です