【情報収拾、電脳せどり】リアルタイムサーチ

電脳せどり

ビジネスはリアルタイムの情報が肝心。

ということはインターネットでの検索の仕方が肝になります。

 

今回はリアルタイムの情報を収拾するための技術をお伝えします。

Google検索

 

Google検索で最新情報を検索するために「ツール」から期間を選択しましょう。

電脳せどり

1時間以内に更新された記事から選ぶことができます。

 

知りたい情報によっては24時間以内だったり、1週間以内だったり絞ることによって

知りたい情報を、より精度高く知ることができます。

 

今回は「品薄」で調べてみましたが、品薄ということはプレミア価格になっている可能性が高いですし、

世間の需要と供給を知ることができます。

 

以上の記事では木材の価格高騰、抗原検査キット、ポテト、と品薄情報が出ていますが、

せどりでは関係ないと思わずに、横に広げる発想が肝心です。

 

特に半導体の品薄はありとあらゆる商品に影響を受けていますので、

事前に情報を知ることができたら半導体が使われている商品に絞ってサーチすることができたでしょう。

SNS検索

Twitter

 

Twitterは人々がリアルな感想や意見を言う場です。

Google検索と全く性質が違うので、Google+SNSで検索するのが良いです。

 

 

以上はクレアチンとカフェインが今後品薄になるかも、と言う記事です。

一般的に馴染みのないクレアチンですが、もしかすると利益商品が見つかるかもしれません。

 

Twitterで検索する際は「話題のツイート」と「最新」と言う項目があるので

「最新」を選ぶことで新しい順に情報が出てきます。

 

Instagram

 

 

Instagramはどちらかと言うとオシャレやグルメのイメージが強いと思います。

 

実際に美味しい店を探す時にはGoogleではなく、Instagramが使われていると言われています。

Twitterと同じくInstagramはサーチのためには欠かせません。

 

 

Instagramでも数量限定の入荷情報やプレミア情報が手に入るので、

Instagramも活用してみるといいでしょう。

 

Twitterと違い、有象無象の議論が起こりにくいところも僕は好きです。

TikTok

 

今最もアツいSNSと言えばTikTok。

TikTokも上の二つとは違う情報を知ることができます。

 

 

TikTokから流行した曲も多いように、影響力が抜群なのがTikTokです。

客層に若者の消費者も多いため、TikTok上で品薄情報が広まれば一気に火がついてプレミア価格になる可能性があります。

まとめ

 

Google、SNSをうまく利用して最新の情報を検索できる環境にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。